【最短6ヶ月】外国人社員がビジネス現場で独り立ちできるオンライン日本語研修【最短6ヶ月】外国人社員がビジネス現場で独り立ちできるオンライン日本語研修
  • 六元素
  • sanipak
  • 東洋電制製作所
  • GO GO NIHON
  • beat tech
  • DEP
  • SYSTEM I
  • 六元素
  • sanipak
  • 東洋電制製作所
  • GO GO NIHON
  • beat tech
  • DEP
  • SYSTEM I

「6ヶ月」で
社内でコミュニケーションをとれるようになる
3つの理由

ビジネス現場を想定したカスタマイズレッスン

画一的な固定カリキュラムではなく、受講生の仕事現場で必要とされるシーンに基づいたレッスン内容にカスタマイズ。生徒が頭を使い、現場を想定しながら話す時間を最大限に確保しています。文法知識を課題で固め、レッスンでは受講生の現場でよく使うシーンを想定し会話トレーニングを行うので、短期で現場で求められる会話レベルに到達できます。

受講生の成長を可視化できる仕組み

「10段階の会話レベル測定」と「JLPT(日本語能力試験)オンライン模試」で、定期的に会話力の計測をおこないます。数値で定量的に学習効果を確認できるため、人事ご担当者が安心して各受講生の日本語会話力の成長度合いを可視化することができます。日本語のレベルチェックやお試し体験レッスンは無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

専属講師による手厚いフォロー

当スクールでは一般的にオンラインレッスンで採用されている講師が毎回変わるシステムとは違い、1名の講師が専任として受講開始から終了まで、責任を持って生徒のレッスンを担当します。そのため受講生の宿題状況や学習の伸び、レベル、性格を考慮して「学習意欲が続く・会話力をしっかりと伸ばすレッスン形態」を提案します。

外国籍社員の「日本語レベル」「ビジネス現場でできること」を理解することが適切な目標設定・達成へとつながります。

JLPT試験(日本語能力試験)には会話力チェックは含まれていないため、JLPTレベルと実際の会話力の間に差が発生してしまいます。当スクールでは学習前・学習後の到達度をはかるため、会話レベルを数値評価しています。

外国籍社員の「日本語レベル」と「ビジネス現場でできること」を理解することが適切な目標設定・達成へとつながります。

私たちは、OPIレベル基準をもとに、10段階で会話力を評価します。
※OPI(oral proficiensy interview)とは、口頭運用能力を計測するために開発された、1対1のインタビュー形式の試験で、会話力を10段階に分けて評価します。

1,000名以上の受講生実績データをもとにした、
会話レベル現場でできることについて

JLPTレベル

会話レベル

ビジネス現場でできること

初級

N5レベル相当
(日常生活を送る上で最低限必要とされるレベル)

1

「こんにちは」「私は○○人です」「名前は○○です」などいくつかの決まったフレーズを使うことができる。

2

「仕事は~時からです」「仕事は~曜日です」など、日課について簡単に言うことができる。

3

「休みはいつですか」「日曜日です」など、日常的なことについては、短い受け答えができる。

中級

N4~N3レベル相当
(社内でなんとか日本人社員と会話が成立する~比較的スムーズに会話が成立するレベル)

4

聞き返しは多いが、日本人社員がゆっくり話してあげれば、なんとかコミュニケーションは成立するレベル。
「何の仕事をしていますか」「職場はどこですか」のようなシンプルな質問には短い文や単語で答えることができる。

5

日本人社員がゆっくり話せば、コミュニケーションは成立するレベル。会議中の会話内容の理解度は30~40%程度。
自分の業務内容について簡単に説明できる。相手に質問をするなどして、ある程度会話を続けることができる。

6

社内での日本人社員との会話は比較的スムーズにできるレベル。会議中の会話内容の理解度は60%~70%程度。
自分の業務内容について詳細に説明できる。具体的な例を挙げながらわかりやすく説明することができる。

上級

N2~N1レベル相当
(社内で日本人社員とスムーズに会話が成立する~顧客との打合せも1人で十分にできるレベル)

7

社内での日本人社員との会話は問題なくスムーズにできるレベル。会議中の会話内容の理解度は80%~。
よく知っている話題については、充分に話すことができるので、会話も弾む。自分の考えを論理的に伝え、相手を説得することができる。

8

たいていの場合において言葉に詰まることなく、わかりやすく説明することができる。社会的、専門的な話題にもついていける。敬語も十分に使えるので、顧客とのやり取りを1人で任せられるレベル。

超級

かなりネイティブに近い~
ほぼネイティブレベル

9

かなりネイティブに近いですが、ことわざなど独特な言い回しは理解はできても使うことは難しい場合がある。

10

ビジネス経験のある日本人と比べても遜色が無い。

(※1000名のデータに基づく)

結果にこだわる仕組み

「オンライン」専用
日本語研修カリキュラム

結果にこだわる仕組み

当スクールでは、「会話力測定」「レッスン」「課題」「モチベーション管理 」を掛け合わせた独自カリキュラムを提供しています。

・会話力測定:OPI試験官と共同開発した10段階指標の会話力測定
・レッスン:資格・実務経験のある講師、会話量重視のレッスン
・課題:毎レッスン課題提出あり
・モチベーション管理:個別サポート&レベルや性格まで考慮した集中力を保てるレッスン形態

この4つの軸で受講生をサポートし、効率的に日本語力を向上させることが可能です。当スクールのカリキュラム・コースの詳細は、下記資料をご参考ください。 また貴社に合ったカリキュラムのご相談は、フォームよりお気軽にお問い合わせください。

導入された企業様の声

弊社をお選びいただいた企業へ
導入の決め手、導入後の効果についてお伺いしました。

自動車免許取得できる日本語レベルを目指して

会社名:株式会社三幸製作所
受講生の主なレベル:N4
業種:圧力容器・ステンレス製品の製造と販売
企業規模:15名

レッスンを重ねて、会話力も上がってきており、学習成果は出てきていると思っています。引き続き受講生への指導をぜひお願いしたいと思っています。

支援内容はこちら

外国籍社員が日本で仕事をする上で重要な、「日本語を学べる環境」を用意

株式会社プロスキャリア
受講生の主なレベル:N3
業種:製造業向け人材派遣・人材紹介
企業規模:40名

初めての日本語研修導入でしたがとてもスムーズに運用ができていると感じています。将来的には、他の外国籍社員も対象に、受講を進めていきたいと思っています。

支援内容はこちら

株式会社東洋電制製作所株式会社 株式会社東洋電制製作所株式会社

3ヶ月目で社内コミュニケーションが可能に

株式会社東洋電制製作所
受講生のレベル:N4程度
業種:電子部品・半導体の製造と販売
企業規模:286名

初めてのオンライン日本語研修で、どのくらい効果があるのか不安でしたが、到達目標の細かなレベル設定により、進歩を着実に追えているので、助かっています。

支援内容はこちら

「学習効果対費用」に自信あり。
良心価格のトータル研修サービス

他の日本語研修会社様と比較してもリーズナブルで高い日本語学習効果が期待できます

A社

B社

当社

料金
(1時間あたり)※

約5,400円

約7,500円

4,200円

レッスン内容

固定カリキュラムによるレッスン

固定カリキュラムによるレッスン

レッスン前に会話力や読み書きを行い。そのチェック結果によるレッスンプランを作成。目標や課題に沿ったオーダーメードレッスンを提供

主なクラス時間帯

平日の日中帯

平日の日中帯・夜

・平日の日中帯
・平日夜(17時~21時)
・土日祝日

学習達成度の進捗把握

レッスン回数の完了報告のみ

学習前のレベルチェックのみ

学習前と学習後のレベルチェック(会話力・読み書き)を行なうことで、達成度のご報告も実施。

※マンツーマンの場合

データで見る
日本語オンラインスクール

学習成果

教育開始前

教育開始前 N4以下 55%

N5 N4 N3

6ヶ月後
にレベル1UPした受講生

約8割

教育実施6ヶ月後

教育実施6ヶ月後

N5 N4 N3 N2

2020年度実績

N5からN4UP 80%
N4からN3UP 77%
N3からN2UP 80%

導入企業

100社以上

導入企業100社以上

業界

製造

65.0%

IT
15%

建設
13%

人材派遣
4%

※その他業界 3%

生徒数

1200名以上

生徒数1200名以上

実際の会話レベル

気になる実際の会話レベルを動画で確認できます。

会話レベル4

国籍:ベトナム 建設業界 技術者

会話レベル8

国籍:中国 ITシステム開発 技術者

お問い合わせはこちらからどうぞ

会社名 必須

お名前 必須

メールアドレス 必須

お電話番号

弊社を知ったきっかけ 必須

コメント

販売企業様 募集中

TOPへ戻る