カリキュラム概要

日本語オンラインスクール > カリキュラム概要 > ロールプレイで学ぶビジネス日本語(上級者向け)

ロールプレイで学ぶビジネス日本語(上級者向け)

前半では実務に生かせる日本語会話と基本的な仕事の流れを学び、後半では日本の企業文化に関するタスクを通して異文化を深く理解し、その中で起こる問題に適切に対処していく力を養う。前半、後半どちらにも、ロールプレイの手法を取り入れ、実際のビジネス場面に近い活動を行う。

コマ数

レッスンテーマ/ビジネス場面

レッスン内容(到達目標)

1

2~3

社内における自己紹介など

  • 社内における順序だてた簡潔な印象に残る自己紹介をする

2

2~3

社外における自己紹介など

  • 社外における自己紹介と雑談
  • クッション言葉や謙譲語を使える

3

2~3

電話対応(受ける、取り次ぐ、伝言を受けるなど)

  • 敬語を使って電話を受ける、取り次ぐ、伝言を受ける
  • インフォーマル、フォーマルの使い分けができる。

4

2~3

アポイントを取る・変更する

  • 新製品の説明のためのアポイントを取る
  • 急に用事ができてアポイントを順序だてて相手にわかるよう失礼のないように変更する

5

2~3

会議に参加する

  • 会議に参加してわかりやすくきりだし自分の意見を伝える
  • 意見に反対したり指示したり提案したりできる

6

2~3

クレームを受ける・クレーム対応の表現

  • クレームを受けたときの対処や表現を使える
  • 謝罪の気持ちを込めて丁寧に謝罪できる

7

2~3

クレームを報告する

  • クレームを受け上司に報告する
  • クレームの報告をして対処方法をのべる

8

2~3

クレームを処理する

  • クレームを受け対処方法と原因調査を表明するための言い方
  • 原因の所在を説明する・謝罪する

9

2~3

会議で提案する

  • 販売促進のために新規顧客開拓を提案する
  • 成功の見込みを述べる

10

2~3

新規顧客を開拓する

  • 事情を説明し面識のある人への紹介を依頼する
  • 紹介を依頼する際の語彙や言い方が使える

11

2~3

新規顧客とアポイントを取る

  • 紹介された新規顧客とアポイントを取るために日程調整などができる
  • 企業文化
  • どんな目標をたてらいいか考える

12

2~3

商品を売り込む

  • 新規顧客に商品の売り込みをする

13

2~3

催促の電話をかける

  • 連絡のない新規顧客に催促の電話をかける

14

2~3

交渉を進める

  • 雑談から始まり会社の姿勢を述べる
  • 購入のメリットを述べる
  • 検討を依頼する

15

2~3

お客様と敬語で話す

  • 連絡がないとき催促の電話をかける
  • 取引の利点を述べ上司との面談を申し込む

その他カリキュラムはこちら

販売企業様 募集中

TOPへ戻る