外国人社員への日本語研修なら日本語オンラインスクールへ
日本語オンラインスクール

               お見積もり・ご相談

代表者コラム

日本語オンラインスクール > 代表者コラム > 外国人向けの日本語研修の費用相場を解説

外国人向けの日本語研修の費用相場を解説

2022年11月23日 公開

外国人社員に日本語研修を導入する際は、どの程度の予算を組めばいいのか分からないという悩みや不安をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
当記事では企業が日本語研修を導入するに際して、どの程度の金額を検討すればいいのかについて説明していきます。

ここ数年で日本語研修の選択肢が一気に拡大

従来、外国人への日本語教育・研修と言えば、日本語教師を社内に招いた形での研修をおこなったり、実際に語学学校などのスクールでレッスンを受けるオーソドックスな受講スタイルが長年続いてきましたが、近年はフリーランスの日本語教師個人によるレッスンやオンラインで時間と場所にとらわれない日本語研修など様々な研修スタイルが増えてきている現状があります。特にコロナ禍以降、非対面型のオンライン日本語レッスンでの研修が急拡大している現状があります。

ピンからキリまでの日本語研修の総額の相場

日本語教師の資格が、いわゆる士業のような業務独占資格ではないこともあり、日本語研修にかかる費用は大きくばらつきがあります。フリーランス(個人)の場合、1時間あたり、3000円前後の安いケースもあれば、経験豊富で実績のある講師の場合、10,000円を超える場合もあります。

ただフリーランスでの場合、教材やカリキュラムが整っていないケースもあり、日本語能力を計画的に伸ばすことは法人での研修サービスと比べて、あまり効果が期待が出来ないかもしれません。

一方で教材やカリキュラムが整っている語学学校の研修野場合、時間制での料金ではなく月額や年額での受講料となるため、1名あたり年間で何十万もの費用が大きくかかる場合もあります。

日本語研修はオンライン型が高コスパ

ここ数年、コロナ禍ということもあり、ZOOMなどのオンライン会議アプリを用いたオンライン日本語会話レッスンが急速に広まりつつあります。時間と場所にとらわれないスタイルのレッスンとなるため、講師や受講者の移動時間や交通費、場所代のコストが浮く形となりますので、1時間あたり約5400円?7500円前後の費用が多いようです。
なお、当社では1時間あたり4200円と良心価格でのご案内をさせていただいております。

オンラインでの日本語研修なら業界パイオニアの当社へ

当社はオンラインでの日本語教育・研修のパイオニアとして、外国人従業員向けの日本語オンラインレッスンを創業当時より展開しており、累計で受講者数1200名、そして累計100社を超える採用実績を得るまでに至っています。日本語教育・研修においても独自のノウハウもございます。

例えば目標や課題に沿ったオーダーメードレッスンを提供も可能ですので日本語研修をご検討の方はぜひ下記までお気軽にお問い合わせください。

【日本語オンラインスクール:無料相談受付中】

https://nihongo-jinzai.com/contact/

TOPへ戻る