代表者コラム

日本語オンラインスクール > 代表者コラム > ウェビナー開催!製造業で働くベトナム人材の日本語教育について

ウェビナー開催!製造業で働くベトナム人材の日本語教育について

2022年7月13日 公開

この度、日本語オンラインスクールは7月13,20,27日と3日間に渡って製造業で働くベトナム人材の日本語教育に関してウェビナーを開催する運びとなりました。
弊社の受講生の約6割がベトナム人であることから、これまでの受講実績をもとにして、日本語能力を向上させるノウハウについて説明させていただきます。
今回は、その一部をご紹介します。

日本に来てから日本語能力が下がるってホント?

しばしば、お客様より面接時の日本語能力が高かった為、採用したのにも関わらず、実際に来日したら思ったよりも日本語が出来なかったというお声を頂くことがあります。
これは、日本語学習を行う頻度が低くなったことに起因します。
Visaの種類にもよりますが、基本的に彼らは現地で約300時間日本語を勉強したうえで来日しております。
しかし、入国後は勉強をおろそかにしてしまう傾向があり、結果的に入国前の日本語能力が一番高いという逆転現象が起きてしまいます。

さらに日本語能力を下げてしまう要因

上記理由にとどまらず、職場環境も日本語能力低下に繋がる要因となりえるケースもあります。
それは、ベトナム人スタッフとの密なコミュニケーションが行えていないケースです。
しばしば、お客様より「指示した内容を分かったふりをして、仕事のミスをしてしまう」というお悩みを頂く事がありますが、理由について深堀をしたいと思います。

まず、心理的要因として「分からない事が恥ずかしい」という点が挙げられます。
彼らは、外国である日本で働いており、ただでさえ生活に不安を抱えている中、職場で馬鹿にされたくないという思いがあります。
従って、指示された内容を正確に理解していなくとも、分かったふりをしてしまう傾向があります。
日本人社員も、「このレベルの日本語なら伝わる」と誤認してしまうことで、ベトナム人材の日本語能力向上が見込めない環境が構築されてしまっているのです。

本ウェビナーでご紹介すること

これまで、企業様より頂くベトナム人材の日本語能力についての課題を共有させていただきましたが、本ウェビナーではその解決方法と当社の試みについて説明をさせていただきます。
お時間のある方は、是非ともご参加頂けますと幸いです。

日時

7月13、20、27日
ベトナム時間:13:00~14:00(日本時間:15:00~16:00)

開催方法

オンラインウェブセミナー(ZOOM開催)

参加費用

無料

参加URL

7月13日

7月20日

7月27日

販売企業様 募集中

TOPへ戻る