カリキュラム概要

日本語オンラインスクール > カリキュラム概要

外国人社員のための話して学ぶカリキュラム
実際にビジネスシーンを想定した対話形式のレッスンだから
話せる!使える!

社内で起こりうる日常会話から、ビジネス現場で使える日本語、自分の考えや意見を述べる練習、ビジネスシーンでの会話など、段階を追って学習します。

1つのレッスンテーマに対して、1~3コマで学ぶので、途中でレッスンをお休みすることがあっても、安心して次のレッスンに参加できます。なおカリキュラムレベルや進め方は、初回のレベルチェックテストで決定してきます。

実践的なカリキュラム!!

実践的なカリキュラム

当スクールの提供カリキュラムは、社内はもちろん、顧客(取引先)との円滑なコミュニケーションが取れるレベルを目標とした内容となっています。
日常のビジネスシーンで必要な「ビジネス敬語」「ビジネスマナー」「電話応対」「状況説明」など基礎的な会話から、「プレゼン」「商談」など?度な会話まで、リアルなビジネスシーンを想定したさまざまなシチュエーションで、ビジネス日本語のパターンを学びます。個々に合ったレベルからスタートし、昇級テストで着実にステップアップが可能です。

また、御社における課題やニーズに合わせた、実践的なカリキュラムを組むことができるのが当スクールの強みです。業務上の課題や目標をヒアリングし、その目標達成に向けて、使用テキストやレッスン数、学習内容を柔軟にプランニングしていきます。

当スクールの提供カリキュラムの特徴として、自分に合ったレベルと、昇級テストで着実にステップアップを図ります。

初回セッション

講師が受講生のレベルを診断。受講生に合ったレベルを判定します。

delta

次回セッション

判定レベルからレッスン開始!!

学習内容:日常のビジネスシーンでよくある場面、「状況を説明する」「電話の応答をする」などの簡単な会話から「プレゼン・商談をする」など高度な会話まで、ビジネスシーンに登場する様々なシチュエーションで、パターンを学びます。社内に加え、社外(取引先)との円滑なコミュニケーションを取れるようになることを目標とした内容となっています。

学習内容:日常のビジネスシーンでよくある場面、「状況を説明する」「電話の応答をする」などの簡単な会話から「プレゼン・商談をする」など高度な会話まで、ビジネスシーンに登場する様々なシチュエーションで、パターンを学びます。社内に加え、社外(取引先)との円滑なコミュニケーションを取れるようになることを目標とした内容となっています。

カリキュラムの種類

わかるビジネス日本語 (初級者向け)

わかるビジネス日本語
(初級者向け)

このレベルでは、場所(社内や取引先にて)・媒介(電話や対面)・相手(取引先、上司、先輩、同僚、後輩)との関係性に応じた適切な「フレーズ表現」をシチュエーション別に学習します。

カリキュラムのアウトラインを見る

日本語で働く! ビジネス日本語30時間 (初中級者向け)

日本語で働く! ビジネス日本語30時間
(初中級者向け)

短時間で日本のビジネスに必要な基本的なこと(敬語表現、ビジネスマナーなど)を身につけることができる。全課、機能別に構成されており、各ビジネス場面に応じて使える日本語の習得を目指す。このレベルでは、「紹介する」「電話をかける」「許可をもらう」「アポイントを取る」などの日常的なビジネス場面を通して、主に「社内でのやり取り」において、円滑なコミュニケーションを目標に、ロールプレイを中心としたビジネス日本語の定着を目指します。

カリキュラムのアウトラインを見る

ビジネスのための日本語 (初中級者向け)

ビジネスのための日本語
(初中級者向け)

初級レベルの学習修了者を対象に、ビジネスの現場ですぐに役立つ会話表現の習得を目的とした教材。機能別に課が構成され、各課はSTAGEごとに[社内]と[社外]に分けて練習するようになっている。

カリキュラムのアウトラインを見る

商談のための日本語 (中級者レベル)

商談のための日本語
(中級者レベル)

商談に焦点をあわせたビジネス日本語のテキスト。「社内」と「社外」の表現を対比させて学習していくことで、「社内」と「社外」の言葉の使い分けを類型的に習得する。このレベルでは、「説明」「賛成」「反対」「説得」「クレーム」などの場面を通して、ロールプレイを中心に、説明する力の定着を目指します。STAGE3では、分かりやすいポイントを絞った説明スキルを身につけるために、型を意識した練習も実施。

カリキュラムのアウトラインを見る

ロールプレイで学ぶビジネス日本語 (上級者向け)

ロールプレイで学ぶビジネス日本語
(上級者向け)

前半では実務に生かせる日本語会話と基本的な仕事の流れを学び、後半では日本の企業文化に関するタスクを通して異文化を深く理解し、その中で起こる問題に適切に対処していく力を養う。 前半、後半どちらにも、ロールプレイの手法を取り入れ、実際のビジネス場面に近い活動を行う。

カリキュラムのアウトラインを見る

しごとの日本語 IT業務編

しごとの日本語
IT業務編

ITエンジニアが業務で困らないよう、実践的な日本語を学ぶことができる。1章は初級の文法項目の確認、2章は、システム開発の仕事の流れに沿って、プロジェクトチーム内で必要になる会話を再現しているので、現場で参考にすることができる。3章では、システムの機能、顧客管理、販売管理、在庫管理の分野で必要となる語彙を見に付け、文章表現を学習することができる。

カリキュラムのアウトラインを見る

販売企業様 募集中

TOPへ戻る