一般日本語コースの特徴

一般日本語コースは、社内で日本人社員との円滑なコミュニケーションを取れるようになることを目標としたコースです。日本語能力試験、初級者~N3レベルが対象です。

日常会話をする中で遭遇する場面を中心に、実践的な日本語を学習します。学んだ日本語を実際に現場で活かせるようロールプレイを繰り返し、使える日本語を身に付けていきます。

また、個人のニーズに合わせた、実践的なカリキュラムを組むことができるのが弊社の強みです。個々の課題や目標をヒアリングし、その目標達成に向けて定着を確認しながら学習を進めることができます。

一般日本語コースがおすすめの方

  • 会社内の日本人社員との会話で戸惑ってしまうことがある
  • 挨拶も含めた、いくつかの定型文を覚えて活用したい
  • 社内会議や打ち合わせで自分の意見を言えるようになりたい
  • 上司や同僚が説明している内容についていけるようになりたい
  • 「趣味はなんですか」などの日常生活の質問や知らない話題でも単語を並べて会話ができるようになりたい

一般日本語コース(日常会話コース)

自分に合ったレベルと、昇級テストで着実にステップアップ
初回セッション
① レベル診断テスト
講師が受講生のレベルを診断。
受講生に合ったレベルを判定します。
次回セッション
② 判定レベルからレッスン開始

学習内容:
日常会話をする中で遭遇する場面を中心に、実践的な日本語を学習します。
日常会話レベルのコミュニケーションを、日本人社員と問題なく取れるようになることを目標としたコースです。

一般 日本語レベル 参考レベル(JLPT)※ 学習内容・目標
初級 Level 1 N5前半 「こんにちは」「ありがとう」「名前は○○です」などいくつかの決まったフレーズを使うことができます。
Level 2 N5後半 「仕事は~時からです」「仕事は~曜日です」など、日課について簡単に言うことができます。
Level 3 N4前半 「日曜日は何をしましたか」「友達と映画に行きました」など、日常的なことについては、短い受け答えができます。
Level 4 N4後半 「趣味は何ですか」のような日常生活の質問にはシンプルに説明することができます。知らない話題でも短い文や単語で答えることができます。
中級 Level 5 N3前半 聞きたいことや、確認してい事を相手に質問をするなどして、ある程度の会話を楽しみながら続けることができます。
Level 6 N3後半 具体的な例を挙げながらわかりやすく説明することができます。社会的な話題でも、自分の意見を言えることがあります。
Level 7 N2前半 よく知っている話題については、充分に話すことができるので、会話も弾みます。自分の考えを論理的に伝え、相手を説得することができます。
Level 8 N2後半 たいていの場合において言葉に詰まることなく、わかりやすく説明することができます。社会的、専門的な話題にもついていけます。
上級 Level 9 N1 かなりネイティブに近いですが、ことわざなど独特な言い回しは理解はできても使うことは難しい場合があります。

レッスン頻度は、週1回、週2回、週3回から、レッスン体制は、個別指導のプライベートレッスンからグループクラスまで、御社、またはご本人様のご都合に合わせてお選びいただけます。また、各レッスン料金には「レベルチェック診断 (OPI基準に基づき、受講生の会話レベルを1〜10で数値化)」「目標設定および学習プラン作成」「進捗報告(月1回、中間、最終)」が含まれております。

プライベート(1名)★

【想定ニーズ】
・本人の個別ニーズに合わせたレッスン内容を提供できる
・個別のレッスンスケジュールを組むことができる 
【1レッスンあたりの料金】
¥4,200/60分 

★グループレッスン(最大3名)★

【想定ニーズ】
・1受講生当たりのコストを抑えつつ、全体的にN3相当くらいまでJLPTレベルの底上げを図りたい
・個別ニーズへの対応は不要だが、4技能(話す・聞く・読む・書く)レベルを等しく伸ばしたい
【1レッスンあたりの料金】
¥6,500/60分

※4名以上のグループについてもご提供しておりますので、別途ご相談ください
※入学金は、全クラスタイプ共通、25,000円/人 となります。
※JLPTとは、日本語を母国語としない方を対象とした、日本語能力を測る日本語能力検定試験のこと。

まずはお気軽にお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせはコチラ

TEL:03-6271-9203

営業時間 9:00-18:00