日本語オンラインスクールでは、生徒様の様々な目的に応じて「ビジネス日本語コース」「一般日本語コース」の2つのコースをご提供しております。どのコースでどのような日本語研修を受けたら良いのかよくわからない方は、一度、無料のレベルチェックを受け、自分の日本語レベルを知ることが大切です。ビジネス現場で必要な実践的トレーニングを通じて身につく実力をぜひ体感してください。

ビジネス日本語コース

日常的なビジネスシーンで求められる日本語表現・ニュアンスを学ぶコースです。日「状況を説明する」「電話の応答をする」などの簡単な会話から「プレゼン・商談をする」など⾼度な会話まで、ビジネスシーンに登場する様々なシチュエーションで、パターンを体験できます。社内に加え、社外(取引先)との円滑なコミュニケーションを取れるようになることを目標としたコースです。日本語能力に合わせて、レッスンを構成するため、目に見える上達を感じられます。

ビジネス日本語の全般的なスキルアップを目指す方におすすめ

  • 社内外での敬語の使い分けができ、円滑なコミュニケーションが求められている方
  • 日本人社員や上司に考えを伝えられるなど、より複雑なやり取りを目指す方
  • 顧客とのコミュニケーションが取れるレベルを目指す方
  • 一般的なビジネス日本語ではカバーできないIT業界で働く方
  • 顧客よりも社内メンバーとのコミュニケーションをとる機会の多いITエンジニア

一般日本語コース

日常会話をする中で遭遇する場面を中心に、実践的な日本語を学習します。日常会話レベルのコミュニケーションを、日本人社員と問題なく取れるようになることを目標としたコースです。日本語能力試験、初級者~N3レベルが対象となります。学んだ日本語を実際に現場で活かせるようロールプレイを繰り返し、使える日本語を身に付けていきます。

社内で日常的に使える日本語を身に付け方におすすめ

  • 会社内の日本人社員との会話で戸惑ってしまうことがある
  • 挨拶も含めた、いくつかの定型文を覚えて活用したい
  • 社内会議や打ち合わせで自分の意見を言えるようになりたい
  • 上司や同僚が説明している内容についていけるようになりたい
  • 「趣味はなんですか」などの日常生活の質問や知らない話題でも単語を並べて会話ができるようになりたい

これまでの成果検証(一部掲載)

以下は、これまで、日本企業で働いている外国人社員を対象に、オンライン語学研修を実施した際の、成果検証の一部抜粋となります。
※N( )とは、JLPT(日本語能力検定試験)のレベル(N5〜N1)となります。

導入プランの紹介

★事例A社★
業界・業種: ITシステム開発・エンジニア派遣
受講生の職種:エンジニア
社員数: 約300名
今回の受講者数:2名
受講環境:業務時間終了後の19時頃より週2回、自宅でオンライン受講

目標: 業務で使う会話力をアップをさせ、お客様との打合せをもっとスムーズにできることを目標に受講

↓↓↓4ヶ月後↓↓↓

結果:
受講4ヶ月後、お客様との会議で自信をもって説明できるようになりました。
社外の打ち合わせなど、実務で使える日本語の表現方法が増えました。

★事例B社★
業界・業種: 製造業/メーカー
受講生の職種:技術職
社員数: 約100名
今回の受講者数:1名
受講環境:業務時間中に週3回、社内会議室でオンライン受講

目標:
・6ヶ月間で、JLPT N4→N3レベルに到達することを目標に受講
・顧客との会議内容を理解できるようになる日本語レベルを獲得する

​★事例C社★
業界・業種: システム開発・導入支援
受講生の職種:エンジニア/コンサルタント
社員数: 約50名
今回の受講者数:2名
受講環境:業務時間終了後の19時頃より週2回、自宅でオンライン受講

目標:
・6ヶ月間で、JLPT N5→N4、N3→N2レベルへの到達を目標に受講
・顧客との打合せを1人でできるようになる会話力を身に付ける

まずはお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはコチラ

TEL:03-6271-9203

営業時間 9:00-18:00